カウンセリング・大阪・兵庫:尼崎のカウンセリングルーム:オフィス松浦です

交通の要所、 JR大阪駅から5分、JR三ノ宮駅から15分、JR尼崎駅の北側、徒歩5分のところで、
臨床心理士によるカウンセリングおよびセラピーをおこなっています

HOMEプロフィール料金カウンセリング用語集ブログリンクお問合せお申込みフォーム
大阪/笑い/カウンセリング対人恐怖について不登校について鬱(うつ)のカウンセリング

悩みでがんじがらめになっていると自由じゃないですよね
それを少しでもときほぐしてのびやかにするお手伝いをいたします


HOME
プロフィール
料金
大阪/笑い
  /カウンセリング

対人恐怖について
不登校について
鬱(うつ)の
  カウンセリング
カウンセリング
  用語集

ブログ
お問合せ
お申込みフォーム

●オフィス松浦
兵庫県尼崎市
潮江1-15-3
tel 06-6492-2388
mobile 090-3870-6101
※駐車場あります。
・JR尼崎駅の北側より徒歩5分
JR大阪駅より15分
・JR三ノ宮駅より20分
 


●大阪市淀川区・大阪市中央区・大阪市福島区・大阪市梅田・尼崎市潮江・尼崎市立花・尼崎市塚口・兵庫県伊丹市・兵庫県西宮市・兵庫県神戸市

対人恐怖について

(1)対人恐怖
対人恐怖は、文字通り、人に対して、恐怖を感じる症状です。人に対して、緊張するといった、ある程度、軽いレヴェルであれば、対人緊張といったことばをつかうこともあります。アメリカでつくられた心の病いの診断マニュアルDSMにおいては、社会不安障害とよばれています。昔から、日本人に多いとされる症状です。日本人は、場、集団、社会の空気を読み、それに合わせることがもとめられることが多いので、欧米人のように、自我(個人)を出すことが難しく、配慮したり、遠慮したりします。いわゆるKY(空気の読めない人)は、このような日本社会の特徴から、流行語になったと思います。対人恐怖の方々の多くは、KYだと思われることを、きわめて強く恐れることから、症状が形成されるのです。対人恐怖の方々の多くは、けっしてKYではありません。むしろ、空気を読みすぎて、周りの人から、悪く思われたらどうしよう、あるいは悪く思われていると思い込んで、症状が出るのです。私は、長年、多くの対人恐怖のクライアントにお会いしてきました。彼ら彼女らにお会いしてきて、感じるのは、対人恐怖のクライアントは、個性的であるということです。個性的であるがゆえに、和を貴ぶ日本社会のなかで、どうしても、場、集団、社会と葛藤が生じ、気にされて、神経質になり、その結果、症状が生まれるのです。

(2)赤面恐怖
対人恐怖には、さまざまな症状があります。古典的なものは、赤面恐怖とよばれるもので、たとえば、人前で、発表するときなどに、緊張して、あがって、赤面してしまうことを恥ずかしく思い、恐れるものです。客観的に考えれば、自分が赤面しているかどうか、その瞬間に鏡で確認しないかぎり、わからないはずですが、当人は、赤面していると思い込んでいるわけです。また、仮に、万一、赤面したからといって、それを周りの人が、とくに気にすること、注目することは、まず、ないでしょう。ですが、赤面恐怖の人は、自分が赤面することに、とても、こだわり、発表などの場面を恐れ、悩み、避けたいと思うものです。赤面恐怖は、比較的、低年齢から発症するものです。小学生位から、おこりうるものです。しかし、最近では、赤面恐怖は、減ってきたように思います。かつて、ルース・ベネディクトは、日本を「恥の文化」だと、とらえました。今日の日本は、当時の日本にくらべて、良くも悪くも、恥の感覚、恥ずかしいという感覚が薄らいできているように思われます。そのようなことが、赤面恐怖の減少に、つながっていると思います。ある意味で、赤面恐怖の人は、古きよき日本文化の心性を生きている方だといえるのではないでしょうか。

(3)表情恐怖
表情恐怖とは、自分の表情が、人前で、その場にそぐわず、ぎこちないことにこだわり、悩み、恐れる症状です。具体的には、顔がひきつっている、笑顔が不自然であるなどといったことに、こだわり、悩み、恐れるのです。わたしたちは、ふつう、自分の表情に、いちいち意識を向けて、こだわることはありません。しかし、過度に緊張する場面で、顔がこわばったり、笑顔がひきつったりした経験をお持ちの方は、多いと思います。表情恐怖の人は、日常的に、そのような緊張を、人前でしておられるのです。さらに、緊張や恐怖によって、表情がぎこちなくなることを、いわば強迫観念として、こだわり、悩んでおられるのです。対人恐怖は、強迫神経症と類似したこだわりがあると言えます。表情恐怖は、赤面恐怖から移行するケースがあります。また、表情恐怖から、次にふれる視線恐怖に、移行するケースがあります。対人恐怖は、赤面恐怖→表情恐怖→視線恐怖の順に、重症化してゆくと考えられています。

(4)視線恐怖
視線恐怖とは、他人の視線が気になり、恐怖を感じて、日常生活に支障をきたす症状です。青年期によくみられる症状であり、一過性で、ごく軽度の視線恐怖であるならば、多くの高校生、大学生などが経験していると言われます。青年期は、ある意味で、多かれ少なかれ、自意識過剰になる時期です。したがって、大人になり、心理的にも、安定すると、自然に消失する場合も多いのです。それゆえ、かつて、対人恐怖は、三十になれば、大体よくなると言われたものです。しかしながら、現在は、三十を過ぎても、対人恐怖に悩む方が多くおられますので、けっして、楽観視できません。さて、視線恐怖がひどくなると、外出することができなくなることがあります。あるいは、サングラスをかけて、外出される方がおられます。また、人と視線を合わせることを恐れる正視恐怖、さらに、自分の視線が他人を不愉快にしたり、傷つけてしまうのではないかと、自分の視線を恐れる自己視線恐怖があります。自己視線恐怖は、より重症なものと考えられています。元来、日本人は、欧米人のように、人の目を見て話すよりも、むしろ、あまり、人の目を見ないようにすることが、習慣でした。目の下あたりを見て、話したり、顔全体あるいは身体全体を見て、話すことが慣わしでした。明治以来の西洋化によって、とくに戦後、人の目を見て話すという欧米人の習慣が日本に入ってきました。このような社会的背景、つまり、日本文化と西洋文化の葛藤を、如実に体現して生きているのが、対人恐怖の方々であると思います。

(5)自己臭恐怖
自己臭恐怖とは、自分の身体から、不快な臭いが出ていると思い込み、そのために、他人に迷惑をかけ、他人から嫌われ忌避されていると思い込む症状です。自己臭恐怖の人が訴えられる不快な臭いの種類には、便臭、性器臭、口臭、腋臭、そのほか特定できない不快臭などがあります。本人自身は、臭いを感じない場合もありますが、それでも他人の態度からすると、臭いが出ているにちがいないと確信するのです。私が10年以上前にお会いしていたクライアントは、外出するとき、必ず、毎回シャワーを浴びて出かけていたのですが、それでも、臭いがしているようだと、おっしゃっておられました。自己臭恐怖は、妄想のレヴェルにまで達している場合があり、対人恐怖のなかでは、重症なものとして、一般に、考えられています。

(6)醜形恐怖
醜形恐怖とは、顔あるいは身体のある部位に、欠陥があると信じ、そのことが周囲の人々を不快にし、嫌われ、忌避されると確信して、悩むものです。醜貌恐怖とも言われます。そのため、醜形恐怖の人のなかには、何度も、整形手術を繰り返す人もいます。これは、よく言われることですが、醜形恐怖のクライアントに出会ってみると、実際は、美人であったり、ハンサムであったりすることが、しばしば、あります。これが、客観的現実と心的現実(こころの現実)の差異なのです。醜形恐怖は、自己臭恐怖と同様に、妄想のレヴェルにまで、達している場合があります。醜形恐怖も、対人恐怖のなかでは、重症のものとして、一般に、考えられています。

(7)対人恐怖をどう考えるか
対人恐怖には、他にも、さまざまな症状があります。たとえば、会食恐怖は、他人といっしょに、食事をしたり、パーティーに招かれたりすることに対して、緊張し、恐れるものです。他人と話すときに、緊張して、なかなかことばが出てこなくなる吃音、人前で文字を書くときに、手がふるえる書痙、人前に出ると、目のあたりがひきつるチックなどは、ひろい意味で、対人恐怖であると言えます。また、対人恐怖が原因となって、外出できなくなり、不登校になったり、ひきこもりになったり、会社の人が怖くて、会社に行くことが怖くなり、ノイローゼになって、うつ状態になることもあります。男性、女性を問わず、会社員のいちばんの悩みは、対人関係です。また、対人恐怖が原因で、リストカットや拒食症、過食症になる方も、現代日本では、多いです。対人恐怖は、いわゆる半見知りの人に対して、症状が出やすく、家族や友人のような親しい人であったり、逆に、まったく知らない赤の他人の前では、症状が出ないことが多いのです。しかしながら、対人恐怖が重症化すると、街を歩いていても、電車に乗っても、場合によっては、家族に対しても、症状が出ます。アリストテレスが、「人間は、社会的動物である」と述べているように、人間は、他人と関わらずには、生きていけません。こころの病いのほとんどは、対人関係から、生じているといって、過言ではありません。対人恐怖は、こころの病いの象徴的なものと言うことができます。

(8)異質性から個性へ
私がお会いしてきたクライアントの方々は、「どこか自分は他人と違う」「他人といっしょにいると違和感がある」「自分は、普通ではない」といった、自分の異質性を悩んでいるケースがよくあります。このような異質性を悩むクライアントは、対人恐怖であったり、不登校であったりしますが、共通している点は、自分が異質であるということに深い罪悪感を感じていることです。私の師匠の一人であるパトリシア・ベリー博士は、ずばり、「罪悪感は、役に立たない。」と言っています。私も同感です。カウンセラーがまず、クライアントに対して、行うべきことは、この罪悪感を和らげることです。つまり、「あなたは、あなた自身のままでいいんだよ。」というメッセージを、言語的、非言語的に、クライアントに伝えることです。そして、クライアントの最初の理解者になることです。逆説的ですが、異質性は、可能性です。たとえば、すぐれた芸術家の多くは、内なる異質性を作品へと昇華することで、それを個性とすることができます。そういった芸術家には、真の理解者がそばにいます。たとえば、ゴッホに、弟テオという理解者がいました。また、芸術家ではありませんが、フロイトには、親友フリースという理解者がいました。クライアントは、かならずしも芸術家ではありませんが、すぐれた芸術家が持っている内なる異質性を、共有していると思います。クライアントが否定的なもの、ネガティヴなものと考えている異質性こそが、肯定的なもの、ポジティヴなものになる可能性の源です。カウンセリングは、ある意味で、錬金術です。邪魔でやっかいな石を、光輝く金に変えてゆくのです。異質性を、個性へと磨いてゆく共同作業を、クライアントとともに、行うのです。カウンセリングは、なにもクライアントを「ふつうの人」にすることではありません。これは、河合隼雄先生が繰り返し、おっしゃっていたことです。クライアントの悩みや症状は、個性化への原石です。


オフィス松浦 地図はこちら
Mail  heal-the-earth@mail.goo.ne.jp

tel 06-6492-2388 mobile 090-3870-6101
カウンセリングルーム開室時間 12:00〜22:00
(土日祝日も開室)

お気軽にお電話ください
 
06-6492-2388

 
お電話に出られないことがありますので、メッセージを
残していただければ、おりかえし、お電話いたします。


HOMEプロフィール料金カウンセリング用語集ブログリンクお問合せお申込みフォーム
大阪/笑い/カウンセリング対人恐怖について不登校について鬱(うつ)のカウンセリング

Copyright (C) 2009 オフィス松浦 All rights reserved.
Site designed by uzukiya